日本の研究チーム、レアアース含む新種の鉱物発見―中国報道

【新華社東京】 日本の山口大学、愛媛大学、東京大学による研究チームが2日、三重県でレアアース(希土類)を含む新種の鉱物を発見したと発表した。

レアアースは既存産業の変革と高度な産業技術を支える上で重要な元素だ。新種の鉱物は2011年4月、三重県伊勢市の山中から発見されたもので、レアアースのランタンとレアメタルのバナジウムを含む「ランタンバナジウム褐簾石」だ。今年3月1日に、国際鉱物学連合に新鉱物として承認され、「ランタンバナジウム褐簾石」と命名された。

「ランタンバナジウム褐簾石」は、海底プレートの移動で陸地に堆積して鉱物となったとみられる。山口大学の永島真理子准教授によると、現状では新鉱物の採掘利用は実現できないが、その基礎的成分に関するデータ研究には大きな進展があった。

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130405-00000004-xinhua-cn

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ